FC2ブログ
 
■プロフィール

りく

Author:りく
舐め奉仕させていただくことが何よりの喜びと感じるM♂です。

ペットとして、奴隷として、便利な道具として、優しく厳しい女性に使っていただけることが幸せです。

普段は真面目に仕事をしている30代の普通の会社員です。頭の中ではいつもいろいろな妄想や願望が膨らんでますが、そんな素振りは外見には微塵も出さずにクールに仕事をしています。

まだまだ、ひよっこの舐め犬ですが、少しずつでも成長していけたらと思っています。よろしくお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■訪問者

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
はじめてのご奉仕・前編
いよいよ、部屋に入る。

2人だけの閉ざされた空間に・・・。
正直、どういう風にしていいのか、戸惑ってしまったww


会う前に、いろいろお話をさせていただき
普通の恋人というのではなく、Mな舐め犬と飼い主様・・・
そんな位置関係の中で、完全に受身の姿勢になってしまい
本当にいいのかなぁという思いもないわけでなく・・・。





「じゃあ、まずシャワー浴びてきて」

そうこうしてると、初めての命令(指示?)をいただいた。
その一言が、なんかスイッチを入れてくれたようでホッとした。

シャワーを浴びようとして、浴室に行くと
なぜか、このお部屋の浴室には「脱衣所」がない・・・
ベッドやソファーからも丸見えの位置で服を脱がないといけない。

で・・・

数十分前に初めて会った女性に見られながら服を脱いでいく・・・
すごく恥ずかしいけど、すごくドキドキして、すごく身体が熱くなる
恥ずかしさがあって、視線が注がれている方向を見ることができないまま
服を脱いだ、そのときに・・・・

突然・・・・後ろからギューっと抱きしめられた
柔らかな素肌が触れたとき・・・正直、かなりドキッとしてしまった。

どうも、お腹の「お肉の具合」を確かめられたようで
確認して、「よしよし」って納得されてた感じだったようなww


シャワーから出て・・・

持参したアイテムを用意する。
この日に持っていったものは「目隠し」と「ロープ」の2つ。


事前のやり取りの中で、いただいた言葉

「りくの両手縛って目隠しして顔面騎乗かなぁ♪」
「口はクリトリスイキ道具ね、りくの意思はそこには微塵も無いよ」

「裸? あんたみたいな変態に見せる訳がないじゃない。」
「音だけで想像して、勃起させてろ!!!!」

Mな舐め犬にとっては
これ以上ないほどの興奮のシチュエーションww


それが、今、実現しようとしているのです・・・・

りあ様 | 22:03:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。