FC2ブログ
 
■プロフィール

りく

Author:りく
舐め奉仕させていただくことが何よりの喜びと感じるM♂です。

ペットとして、奴隷として、便利な道具として、優しく厳しい女性に使っていただけることが幸せです。

普段は真面目に仕事をしている30代の普通の会社員です。頭の中ではいつもいろいろな妄想や願望が膨らんでますが、そんな素振りは外見には微塵も出さずにクールに仕事をしています。

まだまだ、ひよっこの舐め犬ですが、少しずつでも成長していけたらと思っています。よろしくお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■訪問者

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3度目の正直?? 前編
りあ様にお会いするのが、これで3回目

これまでの2回も、とても楽しく幸せな時間を過ごせたのですが
どちらも不可抗力で・・・時間が短縮されたこともあり
舐め犬としては十分にお役にたてることができずにいました。


3度目の正直

今回こそは、舐め犬として精一杯のご奉仕をさせていただければと
少々気合を入れて臨んだ、3回目のご奉仕の機会でした。


今回は、いつもより少し早めに待ち合わせて
まずは、お昼ご飯をご一緒させていただきました。


御主人様セレクトの中華料理で、おすすめは飲茶w

120324.jpg

中でも、アグー豚を使った小龍包~
皮の中には肉汁がたっぷりしみこんだスープが溢れて
かなり美味しかったww

お食事しながら、いろんなお話をするも
休日のランチを楽しむ主婦さんたち、子ども連れのファミリーもいて
少し周りを気にしながらの会話となってしまいましたww


でも、やっぱり
こうやって一緒に食べれるお食事は最高に嬉しい~♪


お腹もふくれて、お部屋に移動です。




シャワーを終えて、りあ様のもとに戻る・・・

いつものようにソファーに座って寛いでいる

「こっちにおいで」

そう言われ、無意識に御主人様の足元に・・・
ソファーに並んで座るのではなく、床に正座をした



これまで、舐め犬として十分にお役にたつことができていない
それは単純に時間がなかったこともあったけど、それだけじゃなく・・・
「舐める」こと以外の、Mとしてのいろいろな願望を発信しすぎていたせいも大きかった

それに、りあ様は、S的な行為もするがS女ではないと、良く言われる。

だから、今日は・・・ふつうに舐め犬として
りあ様に癒しや快感を感じていただき、舐め犬を使う幸せを純粋に感じていただきたい
そう思っていた・・・。


だけど・・・

タオルだけを纏って床に正座をしているぼくをみて、りあ様はロープを手にした。

あっという間に両手が拘束され、タオルは剥ぎ取られ・・・・
着衣のままのりあ様の足元で、全裸で縛られて床に正座をする男・・・・

また、こんな展開になってしまった;;;


『こんな、はずじゃなかったのに・・・』

頭の中では、このフレーズが何度も何度も繰り返されているけど
それとは別に、この先の展開を期待してしまっている自分もいて


なんか・・・・情けなかったw




でも、そんな情けなさもが、心も体も熱くしている・・・・
りあ様 | 07:40:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。