FC2ブログ
 
■プロフィール

りく

Author:りく
舐め奉仕させていただくことが何よりの喜びと感じるM♂です。

ペットとして、奴隷として、便利な道具として、優しく厳しい女性に使っていただけることが幸せです。

普段は真面目に仕事をしている30代の普通の会社員です。頭の中ではいつもいろいろな妄想や願望が膨らんでますが、そんな素振りは外見には微塵も出さずにクールに仕事をしています。

まだまだ、ひよっこの舐め犬ですが、少しずつでも成長していけたらと思っています。よろしくお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■カテゴリ
■訪問者

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

解散の決断・・・
「3兄弟は解散」

りあ様の決断。
いろいろ悩ませてしまい、最後につらい決断をさせてしまいました。
最後まで出来の悪い飼い犬だったと後悔の気持ちがいっぱいです。


でも・・・
りあ様の飼い犬として過ごすことができた時間は、
とても幸せで、いろんな意味でとっても充実した刺激的な時間でした。

つらいこともなかったわけではないけど
それ以上に、本当にたくさんの幸せをいただきました。
これまで本当にありがとございました。





りあ様と3兄弟の不思議な関係・・・

みんながそれぞれに幸せになれたらいいなぁって思ってましたが
やっぱり、それぞれの気持ちがあり、難しいことだったんですね。
ぼく自身も、嫉妬が刺激になり、興奮にも快感にもなったけど
少なからずの辛さや寂しさになったことも否定はできません。
りあ様にとってもいろいろな誤算が重なり想定外の事態にもなってしまいました。
もっと割り切って楽しめたら、もっと一緒にいられる時間は長かったかもしれないのに。

今さら後悔してもどうしようもないけど、すごく悔やまれてしまいます。

舐め犬としても、人としてもまだまだ未熟でした。



「あなたの舌でわたしをもっともっと舞わせて頂戴。」

大好きだった、りあ様の言葉・・・
未熟なぼくには、十分に舞っていただけるほどのご奉仕ができませんでした
もっともっと華麗に舞っていただけたら・・・って心残りもあります。

少し羽をおろして、しばし休憩をとられるりあ様ですが
また、綺麗な羽を広げて華麗に舞っていただける日が必ず来ると信じています。

そのとき・・・ぼくも一緒の時間を過ごせられたら・・・
少しでも、りあ様のお役に立てれたら・・・
叶わぬ夢かもしれないけど、そんな夢をみていたいと思います。


これまで、本当にありがとうございました。


りあ様 | 22:54:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
丸見え状態の密室・・・
外回りの仕事終わりに時間ができたある日
時間を作っていただき、会っていただきました♪

この年齢になって・・・人生初のマン喫(ネカフェ?)潜入w

密室のカップルシートで・・・りあ様に・・・・
勝手な妄想に期待を膨らませていたのですが・・・
現実はwww


続きを読む >>
りあ様 | 12:58:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
3度目の正直?? 前編
りあ様にお会いするのが、これで3回目

これまでの2回も、とても楽しく幸せな時間を過ごせたのですが
どちらも不可抗力で・・・時間が短縮されたこともあり
舐め犬としては十分にお役にたてることができずにいました。


3度目の正直

今回こそは、舐め犬として精一杯のご奉仕をさせていただければと
少々気合を入れて臨んだ、3回目のご奉仕の機会でした。

続きを読む >>
りあ様 | 07:40:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
うたかたの夢心地・後編
男物のシャツをカッコよく着こなし
鏡を見ながら、いろいろなポーズをとるりあ様♪

そんなりあ様があまりにステキだったので
舞い上がってしまった、ぼくは・・・・さらに調子に乗ってしまい


その日、持ってきていたアイテムの中から、ある物を手に取り

「これを付けてみてくれませんか?」

と、またまた、おねだりww



続きを読む >>
りあ様 | 02:11:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
うたかたの夢心地・前編
夢のような初対面から数日が過ぎ・・・
話をするほどに、日に日にりあ様への想いが強くなっていく。

そんな中、他のわんこさん達とのお話もたくさん聞き
また、ブログでもかなりリアルな描写で日記を書かれているので
頭の中を、これまた、さまざまな思いが膨れ上がっていく。


特に、りあ様の日記は・・・
文才があるのでしょうね、すごい臨場感あふれる日記なんです。
だから、余計に、繰り広げられる情事の様子が脳内を駆け巡り
大きな、大きな、本当にとっても大きな嫉妬と興奮を与えてくれるんですww


そんな嫉妬と興奮の日々を過ごす中で、いろいろな妄想が膨らんできた折に
2度目の会っていただく機会をつくっていただきました。




続きを読む >>
りあ様 | 00:27:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ